短期借入金と長期借入金の違いについて

お金を借りるときに、短期借入金になるのか、長期借入金になるのか、その借りたお金を分類することがあります。特に企業において、経理処理上でどちらに仕訳するのか重要になってくるのですが、個人でお金を借りる際にも、この二つの違いについて、理解しておいたほうが、良いのです。それではそれぞれの概要とメリットを記していきます。【参照】銀行でお金を借りる【2016年】

 

短期借入金とは、借り入れを行ってから、1年以内に返済できる借入金のことを指します。これは経理処理上でも同じことが言えます。個人で借りる際にも、1年以内で返済できる予定のあるものですので、金利も低く設定されており、借りやすくなっているのが、その特徴になります。これは業者側にとっても返済される可能性が高いために、滞納される心配がないから、金利を低くできるということにもなるのです。

 

これに対して長期借入金は、返済に1年以上かかるものになります。よって借入する金額も大きな金額の場合が多く、また金利も高めに設定されることがあります。また金利を抑える場合には、何か担保を代わりに差し出すことによって、万が一返済ができなくなった時にその担保を返済する金額の代わりにすることができるようになっています。

 

このような違いがあるために、短期借入金は生活資金はもちろん、入学金や旅行の代金、結婚式での利用といったもので使われることが多く、長期借入金は、担保の設定がしやすい、不動産購入資金やマイカー購入資金などを目的に借入することが多いのです。このような違いがありますので、借り入れを行う際には、その目的に合わせて、どちらを選ぶか選択する必要があるのです。

 

消費者金融の親会社について

消費者金融を利用するというときには、その親会社などについても調べてから行なっていくと有効であるという場合があります。それによって資本関係などを分析することができますし、その会社のキャッシュフローなどについて、余裕のある状態であるのかということを把握するということが可能になっていく場合があるからです。

 

資本的な余裕があることがなぜ重要なのかというと、それによって貸借などに関しての扱いが変わるということがあるからです。余裕があればゆとりのある扱いをしても一つ一つに十分な対処ができます。一方で、余裕がない場合にはとにかく強行に取立てを行なうということや、金利などの設定に無理が生じるということになります。

 

会社などが破綻をするということになったときにはそれでも債務がなくなるわけではなく、債権回収を目的にした会社に引き取られていくということがあります。資本に余裕がない場合、そうした事態になる可能性もあがるため回収などに際してのさまざまな手続きを受けるというリスクが生じるということもありうるようになるのです。

 

きちんとした親会社の場合には、子会社である消費者金融についての取り扱いでも信用問題にかかわるため正しく取引をしなければならなくなります。グループが大きかったり、関連会社が増えるほどそうした責務が増えてくるため、債務者などの取り扱いについての外面的な安全性や資本の保障などは増えてくるものであるということができます。